トップページ

総運47◎ 幸運に恵まれる。周囲との協調がさらにツキを呼ぶ。結婚運◎。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運26△ 順調な人生も突然の不運に見まわれがち。1人で自由にできる環境に向く。
伏運42× 悪い運数です。
地運21◎ 才知、独立、頭領運。
天運26△ 面倒見の良い家柄で、まわりの不運まで背負込みます。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

地格★★★
創造力に長け明るく頼りにされる存在です
人格★★★
温和な性格により人に好かれ順調に成功を得ることができます。
外格★★★
統率力、行動力があるためリーダー的な存在となります。
総格★★
面倒見が良いのですが、その反面自分の事がおろそかになり苦労するところがあります。

■類似の名前
森本崇博/大沢崇博/板野崇博/長谷川崇博/田中崇博/西脇崇博/富田崇博
※結婚によって姓が変わった場合、運勢は変わってくるといわれています。

主運・対人運・基礎運・晩年運と一見矛盾するような結果を示すこともあります。これは人間というものは、外見と本心が違うのも常ですし、人生も波あり風ありということで、鑑定結果にもそれは現れてきているとご理解下さい。従って、まず鑑定結果全体を眺めて頂き、次に個々の部分について自分なりに分析されてみる事をお薦めします。なお、本当の鑑定というのは、前述のような人それぞれの境遇や回りの環境を総合的に加味して判断するのですが、インターネットではそこまでの事が出来ませんので、悪しからずご了承下さい。

大沢崇博の特徴

社交上手で人の気をそらさぬ話術を持ちまじめに付き合うのですが一度裏切られると自ら身を引くでしょう。 控え目で環境への順応性が高く親孝行者、金運、出世運が強い努力家です。 平和主義者で計画性や他人との協調性があり精神・物質両面で常に余裕があり金持ちで喧嘩せずの典型人です。 指導者となるための技術、資格強をすると成功が早いでしょう。 家系は盛衰が激しく一代で天下をとり滅びてゆく傾向があります。 自分の家にお客さん招待することや外出が好きでにぎやかなムードを求めます。金銭管理が上手く家族の中におしゃべり派とムッツリ派がいるでしょう。 才徳を有し、堅実で努力しどんな艱難辛苦にもめげず、がんばっていくため人の指導者となって地位、名誉、財産ともに栄えるでしょう。ただし人をバカにしたような癖や態度を振り回し過ぎて威張ると人から非難を買いますから注意してください。健康面では、胃腸の病気、手足のケガ、手術をします。開運法は、いばらないことが最高の開運法です。

西賀崇博の運勢

西賀 崇博
●● ○●
612 1112
総運41◎ 器が大きく、実力と行動力があり大成します。傲慢さに注意。事故注意。
人運23◎ 人が良く損しがちだが、それを帳消しにする行動力で活躍。努力家。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運46× 病気、事故で早死が多い。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運18○ 両親の期待を活力に夢を実現していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

西川崇博の運勢

西川崇博
●○○●
6 3 1112
総運32○ 周囲の助力と、好機をつかむ運があり、成功を収める。結婚運○。
人運14△ 穏やかで社交的だが気が強い。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運37◎ 良い運数です。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運 9△ 孤独で寂しい家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西村崇博の運勢

西村崇博
●○○●
6 7 1112
総運36○ 面倒見良く、損をしてでも人に尽くす。個性を生かす職業が○。結婚運○。
人運18○ 抜群の積極性で成功をつかむ。面倒見が良く協調性もあり、自立心に富む。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運41◎ 実力を養う運数です。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運13○ 頭脳に恵まれる。家族を大事にする家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西森崇博の運勢

西森崇博
●●○●
612 1112
総運41◎ 器が大きく、実力と行動力があり大成します。傲慢さに注意。事故注意。
人運23◎ 人が良く損しがちだが、それを帳消しにする行動力で活躍。努力家。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運46× 病気、事故で早死が多い。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運18○ 両親の期待を活力に夢を実現していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

西田崇博の運勢

西田崇博
●○○●
6 5 1112
総運34× 異質な倫理観を持ち、法や常識を重視しない傾向。地道に。家庭運△。
人運16○ 面倒見が良く出世。足を引張られぬよう。まじめで忍耐強いタイプ。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運39◎ 困難に負けない強さがあります。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運11○ 上昇発展運。親族の助力が幸運を。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西山崇博の運勢

西山崇博
●○○●
6 3 1112
総運32○ 周囲の助力と、好機をつかむ運があり、成功を収める。結婚運○。
人運14△ 不平不満が過ぎて上に嫌われ損を。穏やかで社交的だが気が強い。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運37◎ 良い運数です。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運 9△ 孤独で寂しい家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西口崇博の運勢

西口崇博
●○○●
6 3 1112
総運32○ 周囲の助力と、好機をつかむ運があり、成功を収める。結婚運○。
人運14△ 不平不満が過ぎて上に嫌われ損を。穏やかで社交的だが気が強い。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運37◎ 良い運数です。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運 9△ 孤独で寂しい家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西脇和博の運勢

西脇和博
●●●●
610  812
総運36○ 面倒見良く、損をしてでも人に尽くす。個性を生かす職業が○。結婚運○。
人運18○ 抜群の積極性で成功をつかむ。面倒見が良く協調性もあり、自立心に富む。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運38◎ 他の運数が悪いと事故にあう兆しがあります。
地運20× 陰性、勝負、浮沈運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 × あまり良くない配列です。突然の不運に襲われる傾向があるので注意。

西脇崇之の運勢

西脇崇之
●●○○
610 11 3
総運30× 野心家で勝負好き。波乱の人生を送る。結婚は晩婚が吉。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運 9△ 博打、投機で波乱を起こしがち。トラブルに注意。
伏運35◎ 円満に成長できます。
地運14× 反体制、病弱、波乱運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西脇崇紀の運勢

西脇崇紀
●●○○
610 11 9
総運36○ 面倒見良く、損をしてでも人に尽くす。個性を生かす職業が○。結婚運○。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運15◎ 家庭も人間関係も円満で楽しい人生に。幸運に恵まれます。積極的に。
伏運41◎ 実力を養う運数です。
地運20× 陰性、勝負、浮沈運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西脇貴博の運勢

西脇貴博
●●●●
610 1212
総運40× 才能あるが人望なし。波乱の人生。地道な努力が○。犯罪傾向。家庭運△。
人運22△ 計算高く、見栄っ張り。理論派で偏屈。一人仕事では集中し、結果を出す。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運46× 病気、事故で早死が多い。
地運24◎ 幸運、才知、財産運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 × 良くない配列です。犯罪傾向や突然の不運に襲われる傾向があります。

西脇崇子の運勢

西脇崇子
●●○○
610 11 3
総運30× 野心家で勝負好き。波乱の人生を送る。犯罪傾向。結婚は晩婚が吉。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運 9△ 博打、投機で波乱を起こしがち。正論を盾にトラブルを起こす。
伏運35◎ 円満に成長できます。
地運14× 反体制、病弱、波乱運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西脇崇奈の運勢

西脇崇奈
●●○●
610 11 8
総運35◎ おだやかで円満な人生。目立ちすぎは×。学芸運あり。結婚運◎。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運14× 実力が認められないことも多いが、反骨心があれば成功も。病災急死傾向。
伏運40× 事件の被害者に多い運数です。
地運19△ 天才肌、挫折、障害、浮沈運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

森脇崇博の運勢

森脇崇博の地格 24画・・・少年期から30歳までの基礎運

行動力がバツグン。すぐ実行しないと気が済みません。でも急ぎ過ぎて空回りすることも。明るく活発なひょうきん者で、年長者にも好かれやすい。発想が豊かで独自のセンスを持ちます。

森脇崇博の人格 23画・・・30歳から55歳の成熟運

勢いがあり実行力に溢れます。実行力に優れる行動派。ただ、結果を急ぎ過ぎて空回りすることも。明るく活発なひょうきん者で、年長者にも好かれやすい。発想が豊かで独自のセンスを持ちます。

西脇崇博の総格 47画・・・晩年と人生全体の生涯運

健康に恵まれサッパリした人柄。温和で信頼されます。運が強く努力も惜しみません。災いを最小限にする吉相です。積極的に行動すれば社会的に成功する可能性あり。結婚運、家庭運ともに良好で晩年は安泰です。

西脇崇名

西脇 崇名
●● ○●
610 11 6
総運33○ 自己顕示欲強く、大成功を掴むか非運の人生両極端。社会運強く晩婚傾向。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運12△ 実力を蓄えやがて開花するが、常に負の影響にさらされるため晩年注意。
伏運38◎ 他の運数が悪いと事故にあう兆しがあります。
地運17○ 積極、魅力、頑固運。事故注意。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

西海崇博

西海 崇博
●○ ○●
611 1112
総運40× 才能あるが人望なし。波乱の人生。地道な努力が○。犯罪傾向。家庭運△。
人運22△ 計算高く、見栄っ張り。理論派で偏屈。一人仕事では集中し、結果を出す。
外運18○ 忍耐強く、困難を乗り切る。枠の中での創意工夫が得意。事件注意。
伏運45◎ 災難や事故を切りぬける強さを持つ運数です。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運17○ 開拓精神で発展していく家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

西脇崇典

西脇 崇典
●● ○●
610 11 8
総運35○ おだやかで円満な人生。目立ちすぎは×。学芸運あり。結婚運◎。
人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
外運14× 実力が認められないことも多いが、反骨心があれば成功も。病災急死傾向。
伏運40× 事件の被害者に多い運数です。
地運19△ 天才肌、挫折、障害、浮沈運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。

清井崇博の運勢

清井 崇博
●● ○●
12 4 1112
総運39◎ 強い運気を持ち、困難を乗り越えて成功をつかむ。女性には強すぎる運勢。
人運15◎ 早くから社会で成功。華やかで魅力的。抜群の活動力を持つ
外運24◎ 生涯、物質的金銭的不自由はしない運勢。堅実で誠実な環境が○。
伏運38◎ 他の運数が悪いと事故にあう兆しがあります。
地運23◎ 活気、隆盛、成功運。
天運16○ 受け継いだ財産でより発展繁栄していく家柄。
陰陽 ◎ 理想的な配列です。


姓名判断とは

姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つ。

日本では伝統的に、人の姓名で使用する文字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行うものが主流を占める。本項でも、この立場について解説する。加えて、生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、姓名の陰陽二気(身体的調和)、および姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、姓名を文として解釈するところの意味などを考慮して、総合的な鑑定を示す流派もある。

他方、少数ではあるが、姓名の音(母音、子音)に着目する流派も存在する、

鑑定に科学的根拠や合理的理由が無いことは他の多くの占いと同様である。

たとえば西脇崇博さんなら、この漢字のつくりやへん、画数等を占うことになる。

・吉凶数
一般的には1から81までの画数から選択するが、前述の通り強い数ばかりを選んでも逆に凶意を強めることになってしまうので注意が必要である。鑑定家に頼む際も判断する人の学識や人格なども加味されるので、卓越した鑑定家が扱えばその人の道標になるが適当に決められると凶器にもなりうるから鑑定家を選択の際にも十分注意が必要である。

一般的な吉数1、3、5、6、7、8、11、13、15、16、17、18、21、23、24、25、29、31、32、33、35、37、38、39、41、45、47、48、52、57、58、61、63、65、67、68、73、75、81以降は1と同じ意味になる。

鑑定の基本として、奇数は原則として吉数、偶数は原則として凶数と考えてよいであろう(但し、上述からも明らかであるが例外も数多い。あくまでも考え方の指針である)。そして、各々の数に固有の意味がある。各部分の姓名の画数から被鑑定者の性格や考え方を調べた上で総合的な解釈、あるいは人生の進むべき方向性の示唆をするのが一般的であるが、ここは鑑定者の腕の見せ所である。

なお、流派によっては女性には逆に凶数となる場合もある。

占いとは

占いとは
占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。
占いを鑑定する人を、占い師、占い鑑定師、卜者(ぼくしゃ)、易者(えきしゃ)などと呼ぶ。また、場合によって、「手相家」、「気学家」、「人相家」などとも呼ばれる。客からは先生と呼ばれることが多い。また日本では、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と昔から言われているように、占いは他の業界と違い、必ずしも当たらなくても通用する面もあることから、占いを裏(外れ)が無いという意味で「裏無い」と軽蔑の意味を込めて書く場合もある。

占いの関係者の中には占いは「統計」によるものと説明する者もいるが、占いは独自の理論や個人の経験で構成されている面が強く、必ずしも統計や統計学、科学としての研究との関連があるとは言いがたい。

例えば占星術は古代においては天文学と関連したものであったが、天文学が自然科学として発展したため現在では学問的な裏付けが無い。またこれは風水においても同様で風水に地理の別名があるように、かつて地理は社会科学の地理学に相当する知識と地理による吉凶を占う地相術が渾然となったものであった。

実際、これまで占いには、統計学などの科学的要素が入っていると言う説が提示されたことはあるが、科学的な根拠があると認められたことはない。古代ギリシャや古代ローマで行われていた生贄の動物の肝臓の色を見ることや、中国で行われていた、熱した細い金属棒で動物の肩甲骨や亀の甲羅を焼く(亀甲獣骨文字を参照)行為に関しては、その占いに使われた動物の栄養状態が分かるため都市建設と農作物の育成に関してだけはそれなりの根拠があったが、時代が下るにつれて本来の目的以外の占いに用いられるようになり、また生贄を採取する場所も問わなくなってきたため、根拠が無くなっていった。しかし、現代においても、占いを信じる者は少なくないため、占いはしばしばビジネスとして扱われている。

命・卜・相

占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせる。また命・卜・相に医、山(肉体的および精神的な鍛錬)を加えて「五術」ともいわれる。

「五術」や「命・卜・相」は、中国では一般的な言い方であるが、日本には、1967年頃台湾の張明澄(張耀文)が伝えたのが最初とされる。 実際、台湾の占い師の看板は、たいてい「命・卜・相」か「五術」のどちらかである。

張明澄によれば、中国の五術は記号類型化による経験則の集大成であり、科学とはいえないものの、霊感などのような反科学的な要素は含まないという。逆に、科学は時間に記号をつけて類型化するという発想はないし、観察した経験もないから、五術を否定する根拠を持てないという。 五術に医が含まれるのは、中国医学は五術の命などと全く同じ方法で、つまり記号類型によって成り立った伝統医学だからである。

五術というのは機能面からの分類だが、方法論的な分類としては六大課ともいわれ、太乙神数、奇門遁甲、六壬神課、河洛易数、星平会海、宿曜演禽、という六種の術数を、五術六大課という。

命(めい)
運命、宿命などを占うもの。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占う。推命(すいめい)とも呼ばれる。


  四柱推命(子平命理|八字)
   紫微斗数(紫薇斗数ともいう)
   河洛命理
   星平会海(子平と七政星学を合わせたもの)
   奇門命理
   太乙命理
   六壬命理
   七政命理(中国占星術)
   演禽命理
   星座占い(西洋占星術を簡略化したもの)
   占星術
   西洋占星術(ホロスコープ)
   数秘術
   九星気学
   算命学
   0学占い
   六星占術(細木数子)
   動物占い(四柱推命を簡略化したもの)
   誕生日占い
   属性占い

卜(ぼく)

人が関わりあう事柄(事件)を占うもの。何かを決断するときなどに使う事が多く、卜(ぼく)によってあることを定めることを卜定(ぼくじょう)と称される(斎宮#卜定参照)。時間、事象、方位など基本にして占う。占う事象を占いをする時期、出た内容などとシンクロニシティさせて(ある意味、偶然性や気運を利用して)観る。わかりやすい例として、 一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒットの代わりに吉としたら…)などもその一種である。ちなみに卜の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としている。また占の文字も同じ系列に属する。

  周易
   断易(五行易、卜易、鬼谷易)
   梅花心易
   六壬神課
   奇門遁甲
   太乙神数
   皇極経世
   ホラリー占星術

  銭占(コイン占い)
   ルーン占い
   タロット占い
   ジプシー占い
   ダイス占術
   水晶占い(スクライング)
   ダウジング
   六爻占術
   御神籤(おみくじ)
   阿弥陀籤(あみだくじ)
   辻占い(辻占、つじうら)
   花びら占い
   えんぴつ占い
   ジオマンシー
   ポエ占い

目に見える対象の姿や形を観て、現在の、人への影響や吉凶などをみる占い。視覚心理学や図形心理学、音声心理学などである。

  姓名判断
   手相占い
   人相占い
   印相占い(印鑑占い)
   名刺相占い
   夢占い
   風水
   ヴァーストゥ・シャーストラ
   家相
   墓相

占いと宗教との関係

増川宏一によれば、いわゆる「当てっこゲーム」は、嘗て神託を伝えるための儀礼であり、そのような呪具としての賽子等が、ありとあらゆる宗教で用いられたらしい。朝鮮には4世紀頃、「占いとしてのばくち」が取り入れられ、1910年に日本によって禁止されるまで、祭礼で巫女が賭場(増川によれば、さいころ賭博の可能性がある)を開き、自己の延長としての財産を賭けて占いを行ったらしい。また、いわゆる将棋やチェス等の盤上遊戯も、元来「天体の動きを真似て、将来を伺う」行為であったらしい。また、神社では「鳥居へ投石をして、乗るかどうかで」占う風習があったという。 旧約聖書のイザヤ書には、雲の形を読む卜者(2章6節、57章3節)、肝臓占い、あるいは口寄せによる占い師(8章)、星占いや夢説きをする占い者(3章2節、44章25節)が糾弾され、エゼキエル書21章26節では、バベルの王が、「矢をすばやく動かし、神の像に伺いを立て、肝臓を見て」占ったと書かれている。

アブラハムの宗教

占いは古代から行われてきたが、アブラハムの宗教ではこれを異教のものとして否定している。例えば旧約聖書では『民数記』18章9-14節、23章23節、『サムエル記』15章23節、『エレミヤ書』27章9節、新約聖書では『使徒行伝』16章16-19節、『クルアーン』では4章90節で邪悪な行いとして退けられている。これら三つの唯一神教は共通して占いを悪魔や悪霊のわざとしている。とはいえ中世のキリスト教圏、イスラム世界では占星術が行われていた。現代でもイスラム圏にはコーヒー占いが親しまれる地域があり、欧米でも各種占いが盛んである。信仰者の中にはこの状況を嫌う人も多く、占いがニューエイジ思想や心霊主義とともに非難の対象になることも少なくない。尚預言者は、エフォデと呼ばれる法衣の胸ポケットに入れた「ウリム(呪われた の意)」と「トンミム(完全な の意)」と呼ばれる謎の物体を無作為に取って、出たどちらかで占うことがあったらしい。サムエル記14章41節には、預言者サウルがそのように使う様が描かれている。

仏教

『スッタニパータ』360節では占いを完全にやめた修行者は正しい遍歴をするようになる、と語られている。927節では『アタルヴァ・ヴェーダ』の呪法をはじめとする占いや術が、仏教の徒である以上やってはいけないこととして否定されている。

チベット仏教ではサイコロ占いが仏教の教えと矛盾しないものとして行われている。サイコロ占いの手引書を書いたラマも存在している。

『文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経』という占星術を説く経典があり、これをもとにした宿曜道が空海によって日本に持ち込まれている。

『観無量寿経』には占いの結果によって親子が疑心暗鬼となり、一国が滅亡の危機にさらされる説話が含まれている。

浄土真宗では占いが無益な迷信として否定されている。

運とは

運とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。
運が良い(幸運・好運)とは到底実現しそうもないことを、偶然実現させてしまうことなどを指す。運が悪い(不運・悲運)とは、楽しみにしていた旅行の当日に、発病してしまうことなどを指す。占いや、神社・寺院のおみくじは、この運を予言する力があるとされる。
勝負事などで運が良いことは「付き」(つき、ツキ)、「付いている」などともいう。ものごとが滞りなく行われること、かよい。
運には「運が良かった」などと過去の状況説明として用いられる場合と、「運の強い男」など個人の特性を説明するために用いる場合がある。「運」を用いた説明は好ましくない(妥当でない)と考える者もおり、「運」に関する信念の違いがおのおのの表現には反映されている。「運」を統制することができるかについての主観的な感覚にも個人差があり、合理的な努力の成果やポジティブシンキングの結果として運を掴まえる者もいる。一方でギャンブルのような統制可能性が低いものでさえ、何らかの努力で成功を得られると考える者がおり、因果関係ぬきで結果に対して満足感を得るために自分の行動に張るラベリングとして「努力」概念を導入し、不確実な事象の結果として満足が得られない者が「運が弱い」などと呼称することがある。
決定論の一つである因果的決定論に立てば、実は幸運や不運の意味はなく、過去や未来はすべて決定されているという考え方になる。ラプラスの悪魔に代表されるような存在によって結果はすべて見通されているということになる。
現在、物性上の純粋な確率論の立場における決定論はハイゼンベルクの不確定性原理によってその存在の不可能性が証明されており、「運」は確率論が扱う事柄になっている。
世俗的なものの考えでは物の道理をよくわきまえ人情に通じ、確率的な危険性を適切に回避するなり他者の妨害を回避しながら、あるものごとを上手く成就させる才能と考えることもできる。但しこの視点はあくまで結果論による定義であり、運のよい人物が先験的に判別しうるかどうかはわからない。何事かをなす場合、うまくやる人とうまく出来ない人がおり、その理由がよく説明できないさいに「運が良い」「運が悪い」などと評論することがある。客観的に見て明らかに「運が良い」手法・手段、「運が悪い」手法・手段は存在するが、話者にとって判然としないものは「運」で語られることが多い。

意志と運

意志の力や祈りで運(幸運・不運)を変更できるとする主張が多い。歴史上数多くの実験が繰り返されており、またアメリカなどのカジノでは常に情報を集計している。意志の力や祈りなどで運を変更できれば良いとする気持ちは多くの人間が持っている感情であるが、そのような事が可能であるとする証拠は一切ない。また、事前に運を知ることができるとする主張も同様である。小説や漫画などの世界では、このようなことが可能であることを前提とした物語が多い。

人の人生は生まれたときから、運に支配されていると言われており生年月日、出生地、性別、血液型、容姿などは運により決定づけられるとする話が多いが、このような話には曖昧さがつきまとう。決定論的に人間の一生の運勢が出生時に決まっているのか、それとも生まれた時に大体の運勢は決まっていて細部で運勢が上下するのか、また運勢が決定されるメカニズムの問題等、多数の問題点がある。

意志と運

意志の力や祈りで運(幸運・不運)を変更できるとする主張が多い。歴史上数多くの実験が繰り返されており、またアメリカなどのカジノでは常に情報を集計している。意志の力や祈りなどで運を変更できれば良いとする気持ちは多くの人間が持っている感情であるが、そのような事が可能であるとする証拠は一切ない。また、事前に運を知ることができるとする主張も同様である。小説や漫画などの世界では、このようなことが可能であることを前提とした物語が多い。

人の人生は生まれたときから、運に支配されていると言われており生年月日、出生地、性別、血液型、容姿などは運により決定づけられるとする話が多いが、このような話には曖昧さがつきまとう。決定論的に人間の一生の運勢が出生時に決まっているのか、それとも生まれた時に大体の運勢は決まっていて細部で運勢が上下するのか、また運勢が決定されるメカニズムの問題等、多数の問題点がある。

運の流れ

運には「流れ」があるとする主張がある。つまり、運が良くなると良い傾向が続き、運が悪くなると悪い傾向が続くとする主張である。麻雀などのギャンブルで多用される考え方である。だが、これは錯覚の一種であるとする主張もある。人間はランダムな現象からも一定の法則を錯覚により見いだしてしまう。人間の主観ではなく、冷徹な統計学処理においてはカジノでの統計でも運の流れのようなものは見いだされていない。

この運の流れを事前に知ることができるとする主張もあり、人々を惹きつけるが、このような行為が可能であるとする確証は一切無い。

ここで良く誤解されるのは運の偏りである。完全にランダムな現象でも、そこに一定の傾向を見いだすことができるのである。たとえば、1枚のコインを投げて地面に落とし、裏か表かどちらが出るかを見る行為でも、双方の面が出る確率がそれぞれ0.5であっても

  裏、表、裏、表… 

などのように表裏が均等に現れることは逆に少なく、どちらか一方に偏りが起きる。実際には

  裏、表、表、表、裏、裏…

などのように現れることがほとんどである。人間はこのランダムな現象の「ゆらぎ」に規則性を見いだしてしまうのである。実際にプログラマに乱数用のプログラムとして使用されているメルセンヌツイスターでプログラムを作成し、上記のコイン投げをシミュレートした例を提示してみると次のようになる。

  表、表、裏、裏、裏、裏、裏、表、裏、表、表、裏、表、表、表、表、裏、…

多くの人にとって上の結果は「異様に表か裏に偏っている・分布が固まっている部分がある」と感じられるのではないだろうか。実はこれは錯覚の一種であり、クラスター錯覚(英語版)という。クラスター錯覚から理屈を組み立ててしまうことをテキサスの射撃手の誤謬(英語版)と呼ぶ。ギャンブルなどで負けがこみ、サンクコストが発生しているさいにはこの種の誤謬に陥りやすい。

ジンクスとは

ジンクス(英語:jinx)とは、縁起の悪い言い伝え。さまざまなものがあり、生活に密着した教訓・習慣・法則の一つ。科学的根拠に基づかず、経験に基づき唱えられる場合が多いため、前後即因果の誤謬に陥っているものが少なくないが、近世になってから裏付けがとれたものもあり、全てが迷信とは言いきれるわけではない。また、縁起担ぎに関するものでは類感呪術的な発想も多い。

語源は不鮮明だが、ギリシア語のjynx(アリスイ。キツツキの一種)に起因するという説がある。アリスイは、自らの首を180度回転させ真後ろを向けられるため、不吉とされてきた背景があり、しばしば魔法と占いに用いられた。

なお、本来の語義は「縁起が悪い」、「運が悪い」など悪いものであるが、日本においては良い縁起という意味でも使われる。

日本のジンクス

生活

  三代目が家を潰す。特に商家や同族経営の会社に対して。「売家と 唐様で書く 三代目」という川柳が江戸時代からある[1]。
   忌み数
       4は「死」、9は「苦」に通じることから[2]、縁起が悪いとしてホテルや病院の部屋番号や階層、鉄道車両の番号等で使用を避けることがある(「3」も「惨」に通じることから、使用を控えた会社があった)。自動車のナンバープレートでは、末尾「42」と「49」を飛ばして付番されており、車種を示す平仮名も『し』は『死』を、『へ』は『屁』を連想させるため使われていない。また駐車場でも、4と9のつく番号を飛ばしているところは少なくない。しかし、葬儀業者の電話番号は『1142(いい死に)』『4142(よい死に)』『4242(死に死に)』などとしているところが多い。日本プロ野球でもこれらの番号はよく思われないことが多かった。ただ42はメジャー史上最初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの背番号と同じ番号のため黒人選手にはむしろ好まれる番号でもある。またメジャーリーグ全球団共通の永久欠番であることから、助っ人外国人選手がこの番号を希望することがある。近年では、ほとんどの日本人選手もこの迷信が通用しないため、この番号を希望することもある。キリスト教圏では、イエス・キリストの最後の晩餐に出席した人数が13人であったことから「13」を不吉な番号として、また「666」を悪魔の番号であるとして使用を控えることがある。
       4つの選択肢の中から1つを選ぼうとすると不幸が起こる。
   靴紐が切れると悪い事が起きる(元々は鼻緒だったが、洋装の普及によって靴紐に変化)。

政治

  知事経験者は他の都道府県の知事選に出馬しても勝てない - 1947年に知事が公選制となり普通選挙で選出されるようになって以降、複数の都道府県で知事を歴任した人物はいない。
   政変が起こると(東京に)雪が降る - 逆に「東京で雪が降ると政変が起こる」という表現もある。
   プロ野球で中日ドラゴンズが優勝すると政変が起きる(※後述)
   選挙の月には宿泊施設の客が減る - ホテル・旅館業界の政治に絡むジンクス
   FIFAワールドカップ直後の国政選挙は与党が敗れる。

経済

  家電量販店業界で、売上トップの座を明け渡した企業が再びトップに返り咲くことはない。

天候

(農民、漁民などから生まれたジンクス。観天望気に基づく確率の高いものもある)

  猫が顔を洗うと雨が降る(顔程度では降らないが、耳まで洗うと降るという人もいる)
   朝焼けは雨の予兆。夕焼けは晴れの予兆(ただし西の晴天は東へ移るという根拠がある)。
   ツバメが低く飛ぶと、雨が降る(これも曇天の時は上昇気流が起こらないので、餌になる虫が低空を飛ぶという裏付けがある)。

スポーツ

  2年目のジンクス -1年目に活躍した選手は2年目に活躍できないというもの。

オリンピック

  オリンピック日本選手団主将は好成績を残せない。北京オリンピックまでの10大会中5大会で柔道から選出されている。石井慧はロンドンオリンピックで主将に指名されることを拒否する発言をしている。

大相撲

  「弓取式」を務める力士は出世しない。また「初切」(しょっきり)を務める力士は大成できない。
       ともに関取の特権である大銀杏を例外的に許され、大観衆の前で土俵をつとめることができるので、どうしても関取になってやろうとする意識が薄れてしまうこと、またそれぞれの稽古に時間をとられて、肝心の相撲の稽古がおろそかになりがちなこと、が要因とされる[誰によって?]。
       弓取り力士の最高記録は、小結まで上がった巴富士。
       初切経験者からは栃錦が第44代横綱へ、出羽錦が関脇へそれぞれ昇進している例がある。
   「序盤、平幕、初顔合わせ」
       横綱大関が思わぬ星を落とす、波乱の相撲、番狂わせの起こりやすいといわれる条件。ただし取組編成の慣例上、上位力士が序盤に平幕と当てられることが多いのは、当然ではある。
       最も有名なのは、第35代横綱・双葉山が安芸ノ海(のち第37代横綱)に69連勝を止められた昭和14年1月場所4日目の「世紀の一番」。
   「平幕優勝に大関なし」
       優勝制度の始まった明治42年6月場所の高見山以来、6人連続で最高で関脇止まりだった。昭和8年1月場所「幕内格別席」で優勝した男女ノ川がのちに第34代横綱まで昇進してこのジンクスは破られた(ただし、「別席」は春秋園事件で日本相撲協会を脱退した幕内力士が復帰する際に設けられた地位で、脱退しなければ三役に上がっていた可能性のある実力者でも別席に入れられた)が、その後も平幕優勝を経験して大関以上に昇進したのは佐田の山(第50代横綱)、魁傑(再大関)、貴花田(第65代横綱)、琴光喜の20人中4人がいるだけとなる。

「荒れる春場所」「荒れる名古屋」

  本場所の春(3月)場所と名古屋(7月)場所において、大番狂わせや優勝争いの混戦、平幕優勝などが多いこと。
   春場所は気温の変化の激しい日が多く、また名古屋場所は気温が高い夏場の開催により、それぞれ体調管理が難しいことから、調子を落とす上位力士が多くなるのが要因とされている。他のスポーツでもいえることだが、相撲取りは体質的に暑さには弱いとされていて、特に猛暑の年の名古屋場所は大きく荒れるとも言われる。

土俵入りで「不知火型」を選んだ横綱は短命に終わる。 - 「横綱土俵入り」を参照

  しかし、平成21年3月場所で第69代横綱・白鵬が不知火型最多となる10回目の優勝を飾り、このジンクスは破れたという声が多い。そもそも昭和以降で12年3か月と、横綱の地位を最も長く務めた第36代横綱・羽黒山も不知火型を選択していた。

43の呪い - 大相撲において連勝記録は43で止まるというジンクスがある。

  40連勝以上を複数回記録した力士は、谷風、雷電、太刀山、白鵬の4人だけ(白鵬以外は休場,引分,預り,無勝負を含む)だが、いずれも43連勝で止まったことがある。

  • 最終更新:2017-07-13 15:36:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード